キレイな大人の女性に変身!下半身太りにバイバイ

キレイな大人の女性に変身するために、下半身太りにバイバイ!
3年後の-5歳は大きい!
骨盤アンチエイジング整体は、まずは自分の姿勢を知るところから始まります。

内股・O脚・X脚

日本人に多い、内股・O脚・X脚。悩んでいる方も多いことでしょう。でも、どうしたら改善できるのか知らない方がほとんど。以下にカンタンな体操を少し紹介しておきますので是非、続けてみてください。しかし、体操だけでは改善しないことが多いのでお近くの整体院へ相談されることをオススメします。インターネットなどでよく比較して選んでください。これらを改善することでダイエットにも効果があります。」「日々の体操」・「日頃の姿勢への意識」・「定期的な整体通い」の3つが大切です。

■影響について
・見た目が格好悪い
・幼稚な印象で子ども扱いされやすい
・仕事を任せてもらえない
・足が疲れやすい
・膝を痛めやすい
・外反母趾になりやすい
・冷え・むくみ
・下半身だけ太くなる
・肩こり・腰痛を誘発

O脚

男性はルパン3世のようなO脚。女性は内股とワンセットでO脚になっていたり片足だけ内股になっていたり様々。

原因

1つは遺伝。顔や背格好が親に似るのと同じくO脚も遺伝し、似てしまうことがあります。親ではなくてもおじいちゃんやおじさんかもしれません。たまたま親にはその兆候がなくても、遺伝子情報としては持っているでしょうから、隔世遺伝のような形で現れることもあります。この場合、少ししか改善しないことがあります。なぜか?たとえば、「僕は背が低い。だから、10㎝背を伸ばしてください」とか「親に似て口が大きいから小さくしてください」と言われても無理でしょう?これと同じことです。整体師が遺伝子情報を書き換えることはできません。でも少しくらいなら改善します。それは、次の2つ目の要素を持っていることもあるのでそこに関しては改善が見込めるでしょう。

2つ目は後傾重心の姿勢です。「えっ?」と思ったかもしれません。種明かしをすれば簡単なことですがO脚の人はほとんどが後傾重心です。O脚出ない人でも後傾重心になればO脚になってしまいます。このメカニズムは複雑なものではありません。かかとに重心が乗ってしまうと膝が伸び切ってしまうので両膝の間に隙間ができてしまいます。これがO脚です。

3つ目。これは落とし穴というか、盲点になっているのですが、左右の足首から下をくっつけすぎているのです。O脚を隠したいがために足を閉じようと足首から下くっつけすぎてしまい、力が入り、膝がはなれているのです。

4つ目は運動などで歪めてしまったパターン。特にサッカーでドリブルを得意とする人に多いように思います。横のフェイントの時、足のすねに体重がかかりすぎているようです。職業病のようなもので負担をかけすぎたことによる変形なのです。周りの筋肉もその骨に同調するように発達するので、1つ目の遺伝によるO脚と同じく、劇的な改善は期待しないほうがよいでしょう。

改善法

●姿勢で気をつけること
・ひざを曲げる
・足同士をくっつけ過ぎない
・親指と土踏まずに重心を置く
・信号待ちやショッピング中などに足の外側に体重を乗せない
・ハイヒール・ブーツ等のかかとの高い靴をはかない

●体操
・開脚ストレッチ
・お相撲さんのようにしこを踏む
・膝回し体操

内股・X脚

内股・X脚は日本人女性特有の姿勢。
内股は股関節・膝関節・足首関節が内向き
X脚は股関節と膝が内向きで膝から下が外向き

原因

インターネットで他の施術家の方がどう考えているのか調べました。しかし、着物文化の影響とか昔はノーパンで貞操観念があって股間を守るために内股にしていたとか様々あるのですが現代女性に関する話をしているので、どうもしっくりきませんよね?どれも違うと思います。私が思うにその原因とは、日本人の礼儀作法や価値観です!!たとえば、スカートをはいた小さい女の子が椅子に座っているとします。その女の子の親はこう言います。「女の子でしょ?足を閉じなさい!パンツが丸見えよ!恥ずかしくないの?!」

おそらく、これが内股になる原因です。外国人は女性が足を開いていても行儀が悪いとは思わないようです。女性が足を開いていたら行儀が悪いと感じるのは日本人独自の感覚のようです。外国人を見かけたら足元を観察してみてください。特に座っているとき、足が開いているはずです。

試しに椅子に座って足を閉じてみてください。パンツが見えないように座ろうとすると、まず膝がくっつきますね?次に、足首。ひっついている人と左右に広がっている人と2通りあると思います。膝も足首もつけている場合、その姿勢を1分以上できますか?慣れていないと結構つらいです。それを無意識でしようとすると大人でもなかなかつらいものがあります。だから、小さい女の子は「足を閉じなさい!」と言われると膝をくっつけるのですが、当然、足首は左右に開き、つま先はハの字になります。この姿勢は膝をくっつけて座るという前提がある中では一番楽な座り方だからです。この座り方なら怒られないので女の子はこの座り方をするようになるのですが、次第にこの座り方しかできなくなります。これこそ正に内股の元凶です。ちなみに、ごく少数、つま先が外を向くひとがいます。この人たちはX脚になります。

つまり、内股になったのはあなたのせいだけではありません。親のせいです!しかし100%親のせいというわけではなさそうです。小さい頃から運動が好きだった女性はそんなに内股ではありません。小さい頃から運動せず、筋力が少ない女の子のほうが圧倒的に内股になっています。

改善法

●姿勢で気をつけること
・椅子に座るときは足を開いて椅子に座る
・床に座るときは横すわりやお姉さん座り(ぺちゃんこ座り)をしない
・親指と土踏まずに重心を置く
・信号待ちやショッピング中などに足の外側に体重を乗せない
・ハイヒール・ブーツ等のかかとの高い靴をはかない

●体操
・スクワット
・膝回し体操

O脚 befor aftar

olefBefore
olefAfter

姿勢矯正 befor aftar

siseiBfore
siseiAfter

O脚・内股矯正 before after

o_b
o_a

O脚・内股矯正 before after

o_b2
o_a2

温活整体

温活整体

女性の大敵「冷え」

あなたは体を冷やしすぎていませんか?

健康できれいな人は冷えていません。指先や足先まで冷たい部分はすくなく、むしろポカポカしているものです。

以下二つ以上あてはまれば週一回の通院をおすすめします。

おしゃれ優先で露出や薄着をする
糖分のとりすぎ
体温以下の飲食が多い
血流不足
血量不足
筋力不足
朝食に温かいものを食べない
胃腸が弱い

「冷えは万病のもと」

冷えていると免疫力が下がります。

体温が1℃下がると免疫力は、なんと30%もダウンします。

むくみも基本的には冷えからです。