骨盤矯正

般に、骨盤矯正とは骨盤の歪みと開きを改善することだそうです。骨盤が歪んだり開いたりすると 女性が気にする婦人病やぽっこおりおなか、内臓の負担がかかるなどさまざまな説があります。しかし、そもそも骨盤は本当に歪むのでしょうか?答えは「NO!」です。間違った骨盤矯正ではダイエットもできないし、健康にもなれません。

盤は歪まない・開かないといいましたが、その理由はこうです。写真を見ていただくと一目瞭然ですが、骨盤とは大きくいうと3つの骨(仙骨・左右の寛骨)がお椀型に組み合わさってできています。その周りにはたくさんのとても大きな大きな複数のじん帯が骨盤をがっちりと包むように張り巡らされています。子供を生む瞬間以外はこのじん帯が緩むことはありません。
じん帯がそんな簡単に緩むことがあるなら、骨盤よりも弱いじん帯しかない足首や膝は頻繁に緩み、ぐらぐらで歩けないはずです。長時間、ほおづえをついていたら肘が変形するかもしれません。そうならないことからもじん帯が強いことは理解できるでしょう。

まり、骨盤は歪まないし、開きません。ではどこが歪むのか?それは腰椎と股関節、とりわけ腰椎。骨盤に比べて骨同士が接する面積が狭いことがわかります。負担がかかりやすいのです。左の写真は腰椎の上から1・2番目が右に歪んでいる様子でこの辺りは補強するじん帯などが少なくとても歪みやすい所です。
この時、実際の体では股関節も歪んでいます。そして、右の写真は腰がやや反っています。骨盤に傾斜がついて上の写真よりも骨盤が開いているように見えるのです。要するに腰椎の前弯と左右への歪みやねじれが重なって骨盤の向きが歪んだり開いたりして見えているだけなのです。
ですから、骨盤を締めたり、サポートしても効果はありません。むしろ運動機能を抑制しさらに動きが悪くなるでしょう。腰椎の歪みを自分でとる方法は、やはり体操が効果的。歪みは動かさないととれません。改善することで下半身のダイエットにも効果があります。

っかり定着した「骨盤矯正」という言葉ですが実際は「腰椎・股関節矯正」なのです。しかし世間の潮流には逆らえません。いくら私が「腰椎・股関節矯正」だと叫んだところで、世間の方はインターネットで「骨盤矯正・骨盤の歪み・骨盤の開き」というキーワードで検索されます。ですので、当院でも「骨盤矯正」と言うことにしています。

体操

・仰向けで寝転んで一方の足をあげ、反対方向へひねり静止。じわっと腰が伸びるのを感じることがポイント。気持ちいいくらいの所で10秒ほど静止。これを左右3セット朝晩くりかえす。

・仰向けで寝転んで一方の足をあげ、膝で円を描くようにぐるぐる回す。これも左右3セット朝晩くりかえす。これが正しい矯正です。これであなたの不調を改善、代謝もupします。